スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得の結果

本屋大賞の結果がでました。
私的にはアタリハズレが大きいのだが、当たったときは本当に面白い。

今年度の受賞作
冲方丁『天地明察』

村上春樹『1Q84』とか、有川浩『植物図鑑』もノミネートされていたけど、
『天地明察』で良かった。

『1Q84』や、『植物図鑑』が面白くないというわけではなく、
(植物図鑑は楽しく読みました)もう売れている本が、本屋大賞とってもしょうがない。
1Q84は10位(最下位)ということで、書店員さんも
本屋大賞の趣旨を充分汲んでいるのがグッドです。

この賞は、これからも掘り出し物的な面白い本に受賞してほしいデス。

冲方さん、一部では売れてましたけど、まだ一般的に認知されていなかったと思う。
今回、私はすでに知っている作家さんで、掘り出しものではなかったのだけど、
なんだか嬉しい受賞。








天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
記事にしたこと
お言葉
過去記事
仕分け
おすすめ
趣味の世界

訪問者
ブログ内検索
繋がり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。